FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

蕨OS劇場1



前々回、サガミ劇場(参:URL1)で蕨OSの割引券をもらった話をしたが、
関東に越してきた '95年に、券を利用する行動にでたんじゃ。

京浜東北線の蕨駅西口に降りてすぐ、蕨OS劇場は見つけだせた。
酒屋の角を右に曲がって路地に入ったら、すぐ左手に入り口があった。
なんと、その酒屋の2階が劇場だったわけじゃ。

階段を上ると、踊り場に踊り子さんの写真があったりして、
劇場だということは、すぐに実感できた。
階段を上りきると、パイプ椅子に座った人が受付をしておった。
後(末期)に、そこにはチケットの自販機が置かれるんじゃがの~。


左手のドアを開けると、左側が壁で、目線の高さに照明室の窓があった。
目線の高さ??と思って左手を見ると・・・・低いステージになっていた。

そう、この劇場の第一印象は、「ステージが低い」だった。
背もたれのない長椅子の高さと同じだったんじゃ。
その椅子自体も、座るというより しゃがむ 感じだったんだからの~。

その代わり、踊り子さんを身近に感じたの~(見上げなくて良かったし)。
タッチショーの時も、座ったままで触れたしの~^^
ベッドの時などは、身をかがめた方がよいくらいじゃった。

出ベソ(参:URL2)は膨(ふく)らみが全くなかった。
ファッションショーのステージみたいな感じだったわけじゃ。


香盤は、だいたい7つで、トップが日本人の踊り子さん,
ラストが外国人本番,2・4番か3・5番が外国人の本番じゃった。
つまり、3人のボニータボニ)が本番出演していたわけじゃ。

稀(まれ)に4人本番などということもあったが、
3人本番で1人がタッチなどということもあった。


この劇場は、外出も持ち込みもOKじゃった。
だから、下の酒屋でビールを買ってくる とか
向かいの、無愛想なオヤジの一品料理屋で飯 とかができたんじゃ。

背もたれのない椅子というのは長居ができないもんじゃの~。
席が空いていても立っていることがあった。

立っているもので、初めて蕨OS劇場に行って不思議に思ったのが
「外人客が多い」「何かに並んでいる」だった。


不思議に思い、スタッフに聞いてみると個室という答えが返ってきた。
それまでのワシは本番ばかりが中心で、個室など知らなかったからの~。


蕨で初めて、個室に関する情報を仕入れたわけじゃな。
蕨OSの個室に関する話は、(参:URL3)を見てくれ。



関連する記事を、下に集めておいたぞ。

URL1.サガミ劇場については
http://gekijoukonjaku.blog.fc2.com/blog-entry-73.html
URL2.出ベソを知らない人は
http://gekijoukonjaku.blog.fc2.com/blog-entry-41.html
URL3.蕨OSの個室については
http://gekijoukonjaku.blog.fc2.com/blog-entry-76.html



_vb.jpg


[ 2012/03/13 12:24 ] 劇場 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://gekijoukonjaku.blog.fc2.com/tb.php/75-6ec04ded











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。