FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フィリピンのストリップ



20年位前になりますか。私は、ピナとつきあっていたことがあるんです。
彼女が一時帰国したとき、私はフィリピンまで追いかけてしまったんですよ。

その時、フィリピンが気に入ったので、彼女の帰省の度に訪問したものです。



初訪問の時、彼女はマニラ空港まで来てくれたんです。
彼女の家はミンダナオ島だったので、
2回目以降の訪問では、そっちで待っていてもらいました。

そんなわけで、マニラについた初日の夜を利用して
フィリピンのストリップ劇場に行ったことがあるんです^^


泊まっているホテルの1階ロビーで、私がストリップ情報を集めていたら
仕事上がりの従業員が私を見つけて、ストリップに連れて行ってくれたんです。

劇場のある辺りは、歌舞伎町のようなネオンぎらぎらではなく、薄暗い所でした。
それぞれの入り口近くに、少しだけのネオンサインがあるだけでした。


ストリップの入り口には、まるで牢屋のような鉄格子がついていたんですよ。
筋肉ムキムキの強面(こわもて)のお兄さん達が、鉄格子横に立っていました。
私たちが近づくと、彼らに呼び止められました。門番みたいですね^^;

ホテルの従業員が入場したいことを伝えると、
ムキムキ君達は鉄格子を開けてくれました。

鉄格子の奥は、赤い光がついていて、地下へおりていく階段になっていました。
私たちは地下へ、うすぐらい階段を下りていきました。


一番下の所に、受付がありました。私は彼の分も入場料を払ったんです。
当時、現地のペソを日本円に換算して、2人分で 1,000円位でしたかね。

私が入場料を払い終わったら、いかつい男が扉を開けてくれました。


劇場の中は、西船OSくらいの広さでした。
テーブル席が、ステージを挟んで左右に5ずつ2列ありました。

日本のストリップ劇場と違って、ステージ部分が低かったんですよ。
古代ローマの劇場のように、客は高い所から見下ろす造りだったんです。

私たちは、ステージに近い席に案内されました。
ドリンクが1杯付いていたので、サンミゲルというビールをもらいました。
女の子がバニーガールの格好をして注文を取っていたんですよ。

バニーガールは踊り子では無かったんですが、連れ出しはOKだったんです。
私にウィンクしてくれたので、連れ出そうかと思っちゃいましたよ。


ステージでは女の子が5人ずつ出てショーを見せてくれました。
彼女たちは水着で1曲踊って、パッと脱いで隠しながら踊りました。


色々な人たちが私に近づいてきて、気に入った娘はいないか聞いてきたんですよ。
私好みの娘がいたので、ママさんに気に入ったことを伝えると・・・・
ママさんとの交渉(宿泊先に姫を連れ出す)が始まったんですよ。

劇場には個室などなく、お楽しみはホテルに連れて出してからだったんですね。

日本円で 10,000円ほどを要求されましたが、値引き交渉をすると・・・・
あっさり 7,000円まで値切れちゃいました^^
ひょっとしたら、10,000円というのは「日本人価格」だったのかもしれません。


テイクアウトを決めたら、即、タクシーでご帰還です^^

一緒にシャワーを浴び、私が椅子に座ったら、彼女は私の一物をくわえだしたんです。
彼女の舌技を堪能した後、場所をベッドに変えて、互いに舐め合いました。

クリトリスを思いっきりなめてあげると、彼女は上気してきた様でした。

彼女は、手慣れた手つきで、ゴムを一物につけると私の上に乗っかったんですね。
女性上位で始まり、正常位で果てました。

可愛い子だったので、人気があったのでしょう。
彼女のあそこは使い込まれている感じでした。


一戦を終えると、彼女とシャワーを浴び、帰り支度を始めまたんですよ。

家に弟や妹などが待っているので、帰るとのことでした。
日本円で 1,000円分を、タクシー代として彼女に渡し別れました。



翌日、私はすっきりした顔でミンダナオ島に着きました。
あまりにも、顔が すっきり しすぎていたんでしょうかね~。
なぜか、マニラで遊んだことがバレてしまったのでした。

しっかりシャワーを浴び、匂いなど残っていなかったんですがね~。



関連する記事を下に集めておきました。

☆個室については
http://uragekijou.blog102.fc2.com/blog-category-6.html


_vb.jpg

[ 2013/02/15 08:00 ] 劇場 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://gekijoukonjaku.blog.fc2.com/tb.php/307-c7b0f9ef











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。