FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ストリップ劇場の話



今では昔の話だが、ストリップ劇場が華やかなりし時代があったんじゃ。

都道府県庁のある街には、ほとんど劇場(しかも複数軒)があり、
百花繚乱の様相を呈しておったのだぞ。

ワシが足しげく劇場に通った1980年代・90年代というのは
今より国際色豊かだったような気がするの~。
異国のお嬢様方が、今より数段多く出演されておったのだな。
出演者全員、10人以上が外国人という劇場もあったんじゃよ^^

若い可愛い女の子と仲良くなりたい」 これは男の性(さが)だからの~。

ワシも、劇場通いをしながらスペイン語が話せるようになってしもうた。

ワシの劇場通いの仲間の中には
フィリピンタガログ語が話せるようになったヤツや
ロシア語がわかるようになったヤツもおったの~。
外人専門館(劇場)の常連は、
カタコトのスペイン語なら話せるような時代だったんじゃ。


こんな常連たちのことを、女の子(南米中心)たちは
ゲキジェーロホンベーロと呼んでおった。
当然のように、これらの呼び名には
若干の軽蔑(けいべつ)の意味が込められておるんじゃがの^^;
女の子たちが作った合成語じゃの~。

消防士(ボンベーロ;Bombero)
理髪師(バルベーロ;Barbero)
料理人(コシネーロ;Cocinero)

英語なら「er」を付けて人を表わす名詞にするんじゃが、
スペイン語だと「ero」なんじゃ。
エロがつくからみんなスケベというわけではないんじゃがの~。


ゲキジェーロは劇場野郎とでも訳せるんじゃろうか。

ストリッパーは、10日ごとに劇場を換わっていくのが普通なんじゃ。
ゲキジェーロ連中というのは神出鬼没(しんしゅつきぼつ)での。
移動先の劇場でも、また再会などということがよくあったもんじゃ。
新人の踊り子さんなら呆(あき)れ返っておったことだろう。

ゲキジェーロという人種には、
劇場をハシゴするような輩(やから)が結構おったんじゃよ。


ホンベーロは 本番+人 の合成語のように思えるが・・・
実は 本番+犬(ペロ;perro) の合成語なんじゃよ。

ステージに上がってチョコンと座っている様子が
必死に尾っぽふってなつこうとしている犬に似ていたんじゃろ。


昔は、観客参加型のステージがあったんじゃ。
このブログはアダルトブログじゃないからな。
詳しくは、劇場仙人の裏今昔を見てくれるかの~。



かく言うワシも、そんなゲキジェーロ・ホンベーロのひとりであったが、
ここでは、当時のワシら仲間達の逸話(いつわ)を中心に 昔話をすることとしよう。



関連する記事を、下に集めておいたぞ。

※ 本番については、出し物カテゴリーから 探してくれ
http://gekijoukonjaku.blog.fc2.com/blog-category-4.html
※ 本番&タッチショー・W本番については、出し物カテゴリーから 探してくれ
http://gekijoukonjaku.blog.fc2.com/blog-category-4.html

☆ 劇場仙人の裏今昔は
http://ura-konjaku.seesaa.net/



_vb.jpg


[ 2012/10/16 21:57 ] 豆知識 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://gekijoukonjaku.blog.fc2.com/tb.php/297-9f2817ec











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。