FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

▽初対面の娘と飲みに行って



10数年前のことですかね~。千葉県の劇場でのことでした。

その日、私は初対面の踊り子さんと飲みに行けたんですよ。
今回、どうして そんなことになれたか書いてみましょう^^


仕事を終えた私が劇場に着いたのは、3香盤目、
最後から2番目の舞姫の時でした。
まさに、今日の話の踊り子さんが 日舞っている時だったんです。

当時、日舞をするのは、ベテランのお姐(ねえ)さん達でした。
ところが、彼女はデビュー半年くらいで 日舞も踊れる娘(こ)だったんです。


日舞を終えると、彼女は着物からドレスの洋舞に変わりました。
私は彼女の出し物の素晴らしさに、タンバリン応援することにしたんです。
すると、他のお客さん達も拍手を入れはじめたんですよ^^
(昔の千葉県の劇場は、手拍子しない客がほとんどだったんです)
みんなが一体となって応援し、彼女は気持ちよさそうに踊ってくれました。


その日の最終回でも、私はタンバリンを入れて応援したんです。
またまた 観客のノリは最高になりました。


ポラロイドショーの時に、彼女が、

「ねえ、あなた。今日は、おかげで私は気持ちよく踊れたわ。
 あなたがまだここに来ていなかった時は、誰からも全然拍手が無くて、
 つまらない劇場だと思ったけど、応援次第で、こんなに楽しくなるのね。
 今日のショーは気分よくやれたの、みに行きましょうよ」

と飲みに誘われちゃいました^^
(実は、私も飲みに誘いたいなと思っていたんですよ)


「私も行きたいと思っていたんだ。応援したみんなと一緒にどう?」
と私が聞いたら

「応援してくれたみんなと行きましょう」
と彼女は言ってくれました。

そこで、友人2人を誘って 一緒に飲みに行ったんです。



行ったのは、ドイツビールで有名な店ですした。

彼女は、
「このソーセージ旨いね。こんなに美味しいとビールが進んじゃう」
と、楽しそうでした。


24時近くになると、終電に間に合うよう 仲間は次々帰ってしまったんです。


そんなわけで、私は彼女と しばらく2人で飲んでいたわけです。



「日舞って、着物揃えたりするのに お金がかかるんでしょ?」

「そうなのよ。だけど、同じ劇場所属の姐さんが 面倒みてくれるの」

「それは良かったね。でも、あなたの姐さんって●●●だよね」

「彼女はに厳しいの。彼が出来ると、芸とどっちをとるって言われるわ
 私には、色恋はまだ早いから、別れなさいって言われるのよ」


この時、彼女はこらえていたものを出して、スッキリしたようでした。


「ほら、大仏さん 又乾杯するよ。このジョッキにビールを入れて!
 あなたのジョッキも空よ。マスター、こっちのジョッキにもね!」


ビールの入った2つのジョッキを、店のマスターが 持ってきたら
「あら、マスターって素敵ね。チュッ」て、彼女はほっぺにキスしました。

「それじゃ、大仏君に悪いよ」と店のマスターが言ったら


「大丈夫、大仏さん。チュッ」って、口にされちゃいました^^



私は、酔っぱらった彼女を劇場に送り届けて、帰るつもりでした。

ところが、私たちが劇場に着くと、劇場の入り口は閉まっていたのです。
劇場の事務所や楽屋に電話しても、誰も出ませんでした。

私は 彼女を空いているホテルに泊めて、帰ることにしました。



が、彼女は
「どうせだから、もう1軒飲みに行こう」と大はしゃぎでした。

私の行きつけの焼き鳥屋で、焼き鳥を肴に焼酎を一緒に飲んだんです。


彼女は、眠くなってきたようでした。
私は、ビジネスホテルに電話しましたが、土曜日ということもあり
どこのビジネスホテルも、満室で部屋が取れませんでした。

彼女は
ラブホテルでも、いいよ」
と彼女が言ったので、ラブホテルも回りましたが、どこも満室でした。


ところが、私たちはあるビジネスホテルにダブルの部屋を見つけました。
私は、彼女をそこに泊めて、帰ろうとしたら・・・・


この続きは裏今昔(参:裏今1)で。 乞う御期待^^



関連する記事を、下に集めておきました。

☆ 劇場今昔物語のポラは、カテゴリーから まとめて観れるぞ
http://gekijoukonjaku.blog.fc2.com/blog-category-0.html

☆ 裏今昔の方で、表に載せられないポラが一望できるぞ
http://uragekijou.blog102.fc2.com/blog-category-1.html
裏今1.休むだけのはずがの記事は
http://uragekijou.blog102.fc2.com/blog-entry-68.html



_vb.jpg


[ 2012/09/29 23:08 ] 思い出の女の子 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://gekijoukonjaku.blog.fc2.com/tb.php/282-c7f9b9d4











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。