FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジャンケン(JK)談義2



今日は、JK勝率アップ法について書いてみるかの~。
ジャンケン必勝法などというものは存在しないんじゃが・・・
勝率アップの方法は確かに存在するものなんじゃ。


一日の本番参加枠が 16~24だとして
30~40人の参加希望者がいれば、
その日ステージに上がれないホンベーロが多数いるわけじゃ。
このような過酷なJK環境にもかかわらず、
毎回のように勝ち抜く強者(つわもの)がおったんじゃからの~。

JKを勝ち抜く連中というのは、カモ情報を持っていたんじゃよ^^

人数が多いと5~8のブロックに分かれて予選をする。
予選をカモのいる場所でやっておったんじゃよ。
だから、決勝への進出率が高かったんじゃ。


どういうのがカモかというと・・・・・
「JKの手を毎回変えるやつ(仮に変化君と呼ぼう)」じゃな。

5人ほどでジャンケンするとき、アイコになる確率はかなり高い。
変化君は次には手を変えるわけじゃから、
彼の出した手に負ける手を出せば、
次は引き分けか勝ちになるの~


変化君がパーを出したなら、次の手はグーかチョキじゃ。
パーに負けるグーを出せば、引き分けか勝ちじゃろ^^

当然、変化君と一緒に玉砕(ぎょくさい)のときもあるが
闇雲(やみくも)なJKよりも確実に決勝に進める。

以外にグー・チョキ・パーの順番に出しているヤツもいたりして、
そんなカモを見つけたら、更に決勝に進みやすかったの~。
(そんなヤツが2人いてアイコが続いたときもあったの~)


これを応用して、全員が同じ手で引き分けたとき、
負ける手を次に出すなどということもあった。

JKの勝ち組が多いときは、これを逆手にとって
同じ手を連発するなどということもした。
この方法はかなりハイリスクでの~。
ひとり勝ちになるか、ひとり負けになるか みたいなところがあった。


あと、よく観察しておったのが拳(こぶし)の握(にぎ)り具合じゃ。

強く握っておったのではチョキは出しにくいからの~。

そういえば、常連の中には、わざと軽い握りを見せて
グーを出すやつもおったの~。


「常連のJK癖を見つける、自分にJKくせがないようにする」
これも勝つためには大切なことじゃった。

現に、気合が入って、
腕を体の後ろまでもってきてから手を出すときは、
必ずチョキになるホンベーロもおったんじゃからの~。


本番全てに勝ちたいわけでもないので、
本当は参加したくない本番嬢JKタイムには
撒き餌(まきえ)をしておった。

パーを連発して、グーを出しにくくするようなことじゃよ。

まあ、常連同士は撒き餌など百も承知じゃったろう。
毎回、キツネとタヌキの化かし合いが繰り返されておったんじゃ。

ストリップ劇場のJKで、これだけは言えたことがある。
「JKに勝つまで帰らない!!」だ。

終電の関係もあるからの~、
第4ステージは参加希望者が極端に減ったもんじゃ。
当然、ノーJKになる可能性すらあったんじゃからの~。

また、JKに負け続けるということは、
負ける確率を減らす行為でもあるわけじゃから。





_vb.jpg


[ 2012/03/08 11:41 ] 豆知識 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://gekijoukonjaku.blog.fc2.com/tb.php/28-085b6ce3











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。