FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

▽蕨OS劇場2



前々回、蕨OS劇場1(参:URL1)で、不思議な行列集団が
個室の順番を待っている者たちだということが分かってくれたと思う。

それまで、個室など知らなかったとも書いたが、
厳密に言うとメイク・ラブラブができる個室を知らなかったんじゃ。
姫路有楽座(参:URL2)には、シコシコだけの有料個室があったからの~。


早速、個室の情報をジャンケンJK)の合間をぬって始めたんじゃ。

個室利用者は、まず、個室のチップ番号札)を購入しなければならない。
チップというのは、かぎ付きの傘たてや銭湯のロッカーなどで見かける
ブラスチック製の番号札じゃ。番号は手書きだったがの~。

その札があれば、好みの女の子の個室に入れるというシステムじゃ。
1人で複数枚のチップを買う者がいた(特に外国人客は)の~。

チップの値段が小4枚だったが、第1ステージは小3枚で買えたんじゃ。
早朝は、3枚かっても大1枚でお釣りがきたんじゃの~。

ただし、大和撫子(なでしこ)の個室は 早朝割引なしじゃった。

イラン人パキスタン人をよく見かけたのは、この低料金のためじゃ。


蕨OS劇場の個室は2つだけだった。

ひとつは後方 投光室の横で、1畳(じょう)ほどのスペースだった。
アコーディオンカーテンで閉めるだけという個室なので、
会話など ライトマンに筒抜けというものだったんじゃよ。

もうひとつは、前方ステージ右横のドアを開けた更に奥にあった。

ドアを開けると、ちょっとした空間があった。
初日ラスビ(参:URL3)の荷物の送搬入には便利だったの~。
踊り子さんの出番待ちにも、きっと使っていたことだろう。

真正面に個室のドアが見えるんだが、ちょっと面白い。
フロアーの中に更に部屋を作ったような感じだったんじゃ。
ひな壇(だん)の様な階段を3段ほど上がったところに個室のドアがあった。

その個室のすぐ左手は、下に行く階段になっていた。
更に左側が楽屋なはずなんだが・・・ワシの記憶からは欠落しておる。

こっちの部屋も1畳ほどだったんだが、天井が低い分、更に狭く感じた。


個室サービスのある姫は、ステージが終わった後、個室のお仕事となる。
すると、前方か後方で スタッフの声が聞こえるわけじゃ。
「さっきの女の子の個室入りたい人はこっちね」
すると、ゾロゾロ客が集まってくるんじゃな。

集まった客たちはというと、一斉に番号札を出すんじゃ。
そして、番号の若い順に個室の順番が決まるというわけじゃ。

番号のチェックが済んだら、行列しないでもよさそうに思うんじゃが・・・・
番号札は持っていたが、順番決めに参加しなかったヤツもおったので
横入りを防ぐために並んでおったんじゃの~。


この番号札は、個室の中で女の子に渡すことになっていたんじゃが・・・・
番号札を複数持っているやつは、古い番号を渡しておったの~。
イラン人などは、個室に入る直前の仲間と番号札交換をしておったぞ。


まあ、外国人は本番に参加できなかったんだから大目に見るかの~。


個室の番号札持っているやつは、JKに参加できないはずなんじゃが、
平気で本番のJKしているものが多かったからの~。



関連する記事を、下に集めておいたぞ。

URL1.蕨OS劇場1は
http://gekijoukonjaku.blog.fc2.com/blog-entry-75.html
URL2.姫路の有楽座は
http://gekijoukonjaku.blog.fc2.com/blog-entry-36.html
URL3.楽日(らくび)をラスビと呼ぶわけについては、人物カテゴリーから 探してくれ
http://gekijoukonjaku.blog.fc2.com/blog-category-3.html



_vb.jpg


[ 2012/09/12 23:29 ] 劇場 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://gekijoukonjaku.blog.fc2.com/tb.php/266-cc63ea4a











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。