FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

▽裸裸劇場2



いにしえの本番を懐かしむ諸兄よ。
消えていった劇場を懐(なつ)かしむ諸兄よ。

船橋の大仏君が、裸裸劇場(ららげきじょう)の第2弾、
気まぐれ劇場」について語ると言った約束を覚えているじゃろうか?


前回の裸裸劇場のことを読んだ御仁(ごじん)も、そうでない御仁も、
再度読んでもらえると、ありがたい限りじゃ(参:URL1)。



では、千葉市蘇我の裸裸劇場の話を 大仏君に頼むとするかの~。



はい。それでは、裸裸劇場に初めて入ったときに話を戻します。


いよいよショー始まりです。

アナウンスの声はカタコトの日本語で、しかも女性でした!
フィリピーナ(ピナ)がライトマンをしていたんですよ(参:URL2)。

2回目が始まり、しばらくすると投光室で男の声がしました。

「おまえもステージに出ろ」「さっさと言われたとおりにしろ!」
と大声で叫んでいました。
「私がライトマンするよ。」という声も聞こえたんですが
その娘は踊り子に戻っていきました。

その娘は本番ショーをすることがあったわけですから、
本番のできるライトマンのいる劇場、だったわけです。


これだけでも、かなりユニークだったんですが・・・・

もう、社長の行動が破天荒(はてんこう)極まりなかった。

開演時間が過ぎても、3人以上客がいないと始めないなんて
可愛いものでした(温泉地の劇場も、そんな面がありますからね)。


「客が居なくて始まらない」なんてことは よくあったんですが、
「踊り子さんがいなくて始まらない」なんてことも在ったんですよ。

従業員の曰(いわ)く、「女の子が海水浴から帰ってきていない」。
女の子が全員居ない ということにびっくりしました。

社長は のん気なもので、「アイスでも食べて待っててよ」でした。
お詫びにアイスをごちそうになったのは、ここ裸裸劇場だけでしたよ^^



ショーが終わった後、(他の劇場の)ママさんに 劇場スタッフと共に
飲みに連れて行ってもらったことがありました^^

でも、下の話のような経験はあるでしょうか?


社 長:おい、あんちゃん。腹減ったな。ラーメンでも食べんか?
 私 :おごってくれるの?
社 長:馬鹿言え。わしが出前をとるから、あんちゃんも自腹で頼め。
 私 :(なんだ、自腹か)今日は腹減ってないからいいや。

という会話の後 客の数名から注文を取り、出前が届きました。

社長の鶴の一声「ラーメンタイムだ。ショーは後だ!」で、
ショーを途中で止めてしまったのです!

私を含めた数人は、ラーメンを食べるのを指を咥(くわ)えて見てました。

それ以降、ラーメンタイムには絶対参加することにしました。
ステージを誰も見ずに、後ろで全員がラーメンをすすっていました。
そんな劇場は、私の知る限り裸裸劇場だけでした。


社長のワンマンは最終ステージでも発揮されました。

観客が8人以下の時や、社長が飲みに出かけたくなったとき
はたまた、台風が近づいていたときなど・・・
(つまり、早めに切り上げたいと社長が思ったとき)

「お~い、全員出てこい」の鶴の一声が発せられたのです。


この一声で、4~6ヶ所に布団が敷かれたんです。

「お前はここ」とか社長に仕切られて一斉本番が始まったんですね。

もう、ダンスショーなんてなし。いきなりでした。


一応、BGMは流れていたんですよ。こんな感じで・・・・

Rivers of Babylon - Boney M

この曲を聴くと、思い出しちゃいますね^^

本番ショーの最中は、裸裸の社長が巡回していました。
そして、全員に「早く終われよ」と言っていました。

遅いと、「おまえはいつも遅いな」と叱られていましたよ。

客の1人か2人はあふれましたが、問題ありませんでした。
余った客は、早く終わった女の子にやらせましたから。

特別興業のときは7人出てましたから、最大7組の本番があったんです。
当然、タッチの女の子も そのときは本番でした。


こうして4回目のステージは、わずか 30分で終わってしまったのです。



イラン人の客が増え始めた頃でした。上野に彼らが大勢いた頃です。
社長があの性格だったので、イラン人とトラブルがたえませんでした。

そして、イラン人による放火という結末を迎えてしまったわけです。
住居側は全然燃えておらず、ステージ側だけが綺麗に燃えていました。

その後、劇場が再開されることはありませんでした。残念です。



社長の破天荒な性格が、諸刃(もろは)の剣になってしまったんじゃな。
タッチの女の子が本番になるのは、皆も大歓迎なんだがの~。


大ちゃん、今回もありがとう。次の報告も楽しみにしておるよ^^



関連する記事を、下に集めておいたぞ。

URL1.「裸裸劇場1」の記事は
http://gekijoukonjaku.blog.fc2.com/blog-entry-55.html
URL2.ライトマンについては、人物カテゴリーから 探してくれ
http://gekijoukonjaku.blog.fc2.com/blog-category-3.html
※ 温泉地の劇場「舘山寺小劇場」の様子は
http://gekijoukonjaku.blog.fc2.com/blog-entry-38.html




_vb.jpg


[ 2012/08/26 00:11 ] 劇場 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://gekijoukonjaku.blog.fc2.com/tb.php/248-f0243bb9











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。