FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フィリピンのストリップ



20年位前になりますか。私は、ピナとつきあっていたことがあるんです。
彼女が一時帰国したとき、私はフィリピンまで追いかけてしまったんですよ。

その時、フィリピンが気に入ったので、彼女の帰省の度に訪問したものです。



初訪問の時、彼女はマニラ空港まで来てくれたんです。
彼女の家はミンダナオ島だったので、
2回目以降の訪問では、そっちで待っていてもらいました。

そんなわけで、マニラについた初日の夜を利用して
フィリピンのストリップ劇場に行ったことがあるんです^^


泊まっているホテルの1階ロビーで、私がストリップ情報を集めていたら
仕事上がりの従業員が私を見つけて、ストリップに連れて行ってくれたんです。

劇場のある辺りは、歌舞伎町のようなネオンぎらぎらではなく、薄暗い所でした。
それぞれの入り口近くに、少しだけのネオンサインがあるだけでした。


ストリップの入り口には、まるで牢屋のような鉄格子がついていたんですよ。
筋肉ムキムキの強面(こわもて)のお兄さん達が、鉄格子横に立っていました。
私たちが近づくと、彼らに呼び止められました。門番みたいですね^^;

ホテルの従業員が入場したいことを伝えると、
ムキムキ君達は鉄格子を開けてくれました。

鉄格子の奥は、赤い光がついていて、地下へおりていく階段になっていました。
私たちは地下へ、うすぐらい階段を下りていきました。


一番下の所に、受付がありました。私は彼の分も入場料を払ったんです。
当時、現地のペソを日本円に換算して、2人分で 1,000円位でしたかね。

私が入場料を払い終わったら、いかつい男が扉を開けてくれました。


劇場の中は、西船OSくらいの広さでした。
テーブル席が、ステージを挟んで左右に5ずつ2列ありました。

日本のストリップ劇場と違って、ステージ部分が低かったんですよ。
古代ローマの劇場のように、客は高い所から見下ろす造りだったんです。

私たちは、ステージに近い席に案内されました。
ドリンクが1杯付いていたので、サンミゲルというビールをもらいました。
女の子がバニーガールの格好をして注文を取っていたんですよ。

バニーガールは踊り子では無かったんですが、連れ出しはOKだったんです。
私にウィンクしてくれたので、連れ出そうかと思っちゃいましたよ。


ステージでは女の子が5人ずつ出てショーを見せてくれました。
彼女たちは水着で1曲踊って、パッと脱いで隠しながら踊りました。


色々な人たちが私に近づいてきて、気に入った娘はいないか聞いてきたんですよ。
私好みの娘がいたので、ママさんに気に入ったことを伝えると・・・・
ママさんとの交渉(宿泊先に姫を連れ出す)が始まったんですよ。

劇場には個室などなく、お楽しみはホテルに連れて出してからだったんですね。

日本円で 10,000円ほどを要求されましたが、値引き交渉をすると・・・・
あっさり 7,000円まで値切れちゃいました^^
ひょっとしたら、10,000円というのは「日本人価格」だったのかもしれません。


テイクアウトを決めたら、即、タクシーでご帰還です^^

一緒にシャワーを浴び、私が椅子に座ったら、彼女は私の一物をくわえだしたんです。
彼女の舌技を堪能した後、場所をベッドに変えて、互いに舐め合いました。

クリトリスを思いっきりなめてあげると、彼女は上気してきた様でした。

彼女は、手慣れた手つきで、ゴムを一物につけると私の上に乗っかったんですね。
女性上位で始まり、正常位で果てました。

可愛い子だったので、人気があったのでしょう。
彼女のあそこは使い込まれている感じでした。


一戦を終えると、彼女とシャワーを浴び、帰り支度を始めまたんですよ。

家に弟や妹などが待っているので、帰るとのことでした。
日本円で 1,000円分を、タクシー代として彼女に渡し別れました。



翌日、私はすっきりした顔でミンダナオ島に着きました。
あまりにも、顔が すっきり しすぎていたんでしょうかね~。
なぜか、マニラで遊んだことがバレてしまったのでした。

しっかりシャワーを浴び、匂いなど残っていなかったんですがね~。



関連する記事を下に集めておきました。

☆個室については
http://uragekijou.blog102.fc2.com/blog-category-6.html


_vb.jpg

[ 2013/02/15 08:00 ] 劇場 | TB(0) | CM(0)

水戸ニューコマ劇場二輪個室



二輪車(参:裏今1),3P(参:裏今2)と、複数プレイの出し物の話をしてきたわけじゃが、
今回は、二輪車個室の話を載せようと思う。

残念なことに、ワシは風の頼りに「水戸で双娘(ふたご)の二輪車」のこと
を聞いただけで、見たことも入ったこともない。
見てないものや体験は今昔に載せない主義なんで・・・・

今回は、船橋の大仏君に代打を頼むとするかの~。

それでは、茨城の水戸ニューコマ劇場での個室二輪車の話を頼んだぞ。



残念ながら、私自身も個室で二輪車プレイをしたことはありません^^;
二輪車プレイをするために、個室に向う客達を見かけただけなんですよ。


水戸ニューコマ劇場は、個室に向う扉が舞台袖にあったんです。

事務所で、袋詰めされたおしぼりなどを女の子は受け取っていました。
そして、お客さんと一緒に客席を通過して、個室に行ったんです。
だから、誰が どの女の子の個室に行ったかなんて 一目瞭然でした。


何度目かの来訪の時、客が女の子2人と個室に向かうのを見たんです。

隣の席にいた常連さんに、冗談で、二輪車みたいだねと話しかけたら
本当に二輪車だ
と教えられたんですよ。驚きましたね~。


興味がわいたので、事務所で二輪車についてさっそく尋ねてみました。

二輪車セットなるものがあって、何組かの組み合わせがあったんです。
組み合わされていたのは、全員フィリピーナピナ)でした。
要望があると、2人別々にチョイスも出来たみたいですよ。

2人別々に個室に入るときよりも、2割ほど割安でした。
早朝個室も2割ほど安いんですが、二輪早朝でも更に割安かは
残念ながら聞きそびれてしまいました^^;


お気にのCちゃんが出演していたんで、二輪車は諦(あきら)めたんですよ。
それで、単品個室を買いました^^ 当然、相手はCちゃんです。

彼女と一緒に舞台袖の扉を開けると、そこは狭い玄関になっていました。
ここで靴を脱ぎ、中に入ると、ステージとも またつながっていたんです。
左にはテーブルと椅子が在りました。次の出番を待つ場所ですね。
右には台所があり、自炊が出来るようになっていました。

そこを抜けると階段があり、上ると4畳半の部屋がいくつもありました。
なんとなく、下宿や学生寮といった造りだったんですよ。


部屋の真ん中には布団が敷いてあって、横にはソファーが置いてありました。
これだけ広い部屋なら、二輪車もできますね。

ここで一戦すると、みんなソファーでくつろぐいでいたようです。


水戸ニューコマの個室というのは、出番の待機場所から考えて
女の子の控え室楽屋?)でもあったんでしょう。
押入れに、女の子たちの荷物も入れられるようになっていましたからね~。

当然、ここで寝泊りしていたんでしょうね。

考えてみると、二輪車セットというのは
控え室の相方(あいかた)対策じゃなかったか とも思えますね。

今となっては、確認する手段が無いんでですけど・・・・


楽屋が個室といえば、コロンビアメデジンストリップ劇場
同じように、楽屋=ラブラブ・ルームなんですよ。

詳しくは、表(参:URL1)と裏(参:裏今3)を見てください。



関連する記事を、下に集めておいたぞ。

URL1.メデジンのストリップ劇場については、劇場カテゴリーから 探してくれ
http://gekijoukonjaku.blog.fc2.com/blog-category-5.html

裏今1.二輪車については、出し物カテゴリーから 探してくれ
http://uragekijou.blog102.fc2.com/blog-entry-13.html
裏今2.3Pについては、出し物カテゴリーから 探してくれ
http://uragekijou.blog102.fc2.com/blog-entry-18.html
裏今3.メデジンの劇場個室については、劇場カテゴリーから 探してくれ
http://uragekijou.blog102.fc2.com/blog-entry-33.html


[ 2013/02/08 23:33 ] 劇場 | TB(0) | CM(0)

▽仙台長町デラックス劇場の中



前回、仙台劇場との出会いを書きました(参:URL1)が
今回は、内部の様子や演目・その他を書いていくこととしましょう。


中に入ると司会者の台のような物がありました。そこが受付でした。

入場料は 3,500円、開演が 15:00になっていました。
その 15:00までが、早朝割引で 3,000円だったんです。


客室舞台正面を除き、壁や天井など 全て鏡張りでした。
(東北で唯一だったそうで、劇場はこれをウリとしていました)

ステージ出ベソは、床から1メートルくらいの高さにありました。
出ベソは直径2メートル位の円形で、右の一部が壁で切られていました。

出ベソの周りは、カウンターでよく見かける1本足の丸イスでした。
丸イスは 12脚並だけしかなく、あとは立ち見だったんですよ。
それぞれのイスの後ろに1人ずつ立つと、満員となる狭い劇場でした。



この劇場は、いわゆる外人専門館でした。
南米のボニータボニ)中心に、5香盤5人だったと思います。
フィリピーナピナ)は、出演しないときもあったようです。

香盤で偶数2・4番の2人だけが本番でした。
あとの奇数番の3人が、お決りのタッチショーだったわけです。

タッチも本番も、ダブル・トリプルなどありませんでしたが・・・・
本番枠2人にもかかわらず、ジャンケンJK)は激しくなかったんです。

それは、常連の地元の人達が あまりJKしなかったからなんです。
現に、「JKしてあがるのは、恥ずかしい」と言っていました。
(そのかわりに個室を覗こうとは、よくしていたんですよ^^)



出ベソ右手前の鏡の壁の一部には、シースルーの布がついていました。
そこが、個室(秘密の小部屋)の入り口だったんですよ。

舞台照明とカーテン表面の銀色の糸のせいで、中は見えませんでした。
銀色の糸が、マジックミラーのような役割をしていたんですね。


覗けない個室のだったんですが、音の方は筒抜(つつぬ)けでした。
個室近くの人は、音や声がするたびに 個室に顔を向けていましたね~
私も覗いてみましたが、私にも何も見えなかったんですよ。


小部屋での詳細は、裏今昔(参:裏今1)の方を見てくださいね。



関連する記事を、下に集めておきました。

URL1.仙台の劇場との出会いについては
http://gekijoukonjaku.blog.fc2.com/blog-entry-92.html

裏今1.長町デラックス劇場の個室の話は
http://uragekijou.blog102.fc2.com/blog-entry-69.html



_vb.jpg


[ 2012/10/02 23:21 ] 劇場 | TB(0) | CM(0)

▽縁の無かった仙台の劇場



仙台劇場と私とは、あまり縁がなかったのかも知れません。
仙台に行くたびに、1軒しか劇場が開いていなかったんですよ。
唯一開いていた劇場、それが、長町デラックス劇場だったんです。



安いので、私は新幹線ではなく バスを利用した(参:URL1)ものでした。
西船橋駅前を 21時に出発、仙台駅前に朝4時に到着する夜行バスでした。

駅前の開いている店で、椅子にでも座っていようと思ったんですが・・・
20年位前の仙台駅周辺は、開いているコンビニも椅子も無かったんですよ。
バスから降りたら、辺りは真っ暗だったわけです。


暗いけど、劇場を探しておこうと思ったんですが、
元城下町は、カンが狂うようにできているのかもしれませんね。

当時、駅周辺には、案内図もなかった(暗くて分からなかった)んです。


カンを頼りに歩いていったら、東北大学や高等裁判所についちゃいました。
(実はそのままさらに 30分ほど歩くと長町デラックスがあったんです)

大学や裁判所があるなんて、劇場がありそうな所ではないですよね。
辺りが明るくなってきて、そこで やっと地図を見つけたんわけです。



劇場がたくさん集まっていのは、仙台では一番町辺(あた)りでした。

一番町辺りで、私は3軒の劇場を見つけました。嬉しかったですよ。
仙台東洋ショー劇場仙台ヌードシアターともう一軒(名前失念)でした。


でも、一番町辺りの全ての劇場が、営業停止中でした。
(失念の劇場は、そのまま廃業しました)
せっかくだから、劇場をはしごしようと思ったのに残念でしたね。
(現在は、仙台ロックが一軒残っています)


私は、JR仙台駅前の地下鉄の駅に行ってみました。
そこの路線図に、劇場の名と同じ「長町」の文字を私は見つけました。
私は、地下鉄に乗って その駅で降りてみました。

長町駅は、人のそんなに多くない所だったんです。
私は飲み物を買おうと、大きな店に入ったら、踊り子さんを見つけました。
フィリピーナピナ)のCちゃんでした。ゴムを買っていたんですね。


「あら、大仏さん。来てくれたの」

「来ちゃったよ。ここに来るまでが大変たったよ」

「浮気しようとしたんでしょ」

「女性のカンってするどいですね」


彼女の案内のおかげで、当時、営業停止になって居ない劇場
長町デラックス劇場にようやく着きました。



長町デラックス劇場はどういうところだったのか・・・・次回に続きます。

個室はどうなっていたかは、裏今の方に書こうと思います。



関連する記事を、下に集めておきました。

URL1.夜行バスで劇場に行ったことについては
http://gekijoukonjaku.blog.fc2.com/blog-entry-61.html

裏今1.長町デラックス劇場の個室の話は
http://uragekijou.blog102.fc2.com/blog-entry-69.html



_vb.jpg


[ 2012/10/01 21:29 ] 劇場 | TB(0) | CM(0)

▽大宮フランス座(対談補足)



久しいの~。みんな元気だったかの?

ワシはあまり元気ではなかったんじゃが・・・・
ワシの留守中は、船橋の大仏君が頑張ってくれたようじゃの~。


仲間の間で、大宮フランス座の話が分かり辛いという話が出たので
大仏君との会話形式で、疑問点を解決していこうと思う次第じゃ。


「仙」というのがワシで、「大」というのが大仏君じゃ。


仙:聞いた話じゃが、大宮フランス座は奇妙な建物だったらしいの~。

大:建物は、奇妙と言うほどではありませんでしたが,
  劇場と5階建てのアパートが縦(たて)にくっついている感じでした。
  2階から5階まで全て個室だったんですよ。

仙:ほう。すると、かなりの数の個室があったわけじゃな。

大:はい。各階4部屋ずつ在りましたから、16部屋はあったはずです。
  4階までしか確認していないので、見たのは12部屋だけでした。

仙:アパートみたいだったら、部屋は広かったんじゃろ。

大:いいえ。2畳あるかないかの狭さでした。

仙:ストリップ劇場というのは、平屋もあれば地下1階,2階,3階もある。
  ここは、平屋に 個室用の建物がくっついたスタイルだったんじゃな。

大:はい。そういう感じになります。


仙:開演時間は 12:00でいいのかな。開場は何時頃だったかの~?

大:はい。開演は12:00でした。
  私が10:30に行った時には開いていました。
  10:00には開いていたはずです。


仙:土足厳禁の劇場だったのかの~。

大:違います。普通の劇場です。
  ただし、2階以上の個室は土足厳禁でした。

仙:すると、個室に行く途中に下駄箱でもあるのかな?

大:その通りです。2階に上がる階段そば(1階)に下駄箱がありました。

仙:下駄箱のところで、スリッパに履き替えて個室に行ったわけか。

大:ところが、下駄箱にスリッパはありませんでした。
  階段から絨毯(じゅうたん)が敷いてあって、スリッパは不要でした。


仙:本番の話になるんじゃが・・・

大:なんでしょう。

仙:大宮フランス座1の記事の香盤は分かり辛いの~。

仙:2人による本番は、W本番もあれば二輪車もある。

大:二輪車(参:裏今1)ではなく、W本番(参:URL1)でした。

仙:香盤の2,3,5がW本番で、7がトリプル本番で
  1ステージに、本番嬢が9人出演していたのかな。

大:3番はピナが1人で、その子が本番ショーか、タッチショーでした。
  本番は7人か8人だったわけです。

仙:トリの7番では4人の女の子が出てきて踊るわけじゃの~。

大:そうですよ。トリプル本番とタッチショーでした。

仙:タッチショーの女の子は固定だったわけだな。

大:そうです。


仙:日本に来たパキスン人達が手を洗った小便器は、
  まさか放尿ターゲットの小さい朝顔タイプじゃないよな。

大:縦長タイプでした。水で流す便器はパキスタンには無かったそうです。


仙:大宮フランス座のステージの広さはどのくらいかの~。

大:鶴舞劇場(参:URL2)のステージと同じくらいだと思います。

仙:天井は高かったわけじゃの。

大:はい。鶴舞劇場と同じくらいの高さでした。



どうじゃな。

これで大宮フランス座の様子が、少しは分かってもらえたかの~。



関連する記事を、下に集めておいたぞ。
URL1.W本番については、出し物カテゴリーから 探してくれ
http://gekijoukonjaku.blog.fc2.com/blog-category-4.html
URL2.鶴舞劇場については
http://gekijoukonjaku.blog.fc2.com/blog-entry-44.html
※大宮フランス座1
http://gekijoukonjaku.blog.fc2.com/blog-entry-78.html
※大宮フランス座2の記事は
http://gekijoukonjaku.blog.fc2.com/blog-entry-79.html
※大宮フランス座3の記事は
http://gekijoukonjaku.blog.fc2.com/blog-entry-80.html

裏今1.二輪車については
http://uragekijou.blog102.fc2.com/blog-entry-13.html



_vb.jpg


[ 2012/09/18 22:26 ] 劇場 | TB(0) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。